ロゴ制作の現場から

ロゴ制作の裏側などロゴデザインの仕事に関することや身近なことを書いていきます

ロゴを制作するには、それなりの知識も必要ということ

ロゴデザインの知識

Illustratorができればロゴは作れるのか?

ロゴはIllustratorというグラフィックツールで制作します。Illustratorができればロゴは作れます。基本、ほとんどの方がIllustratorでロゴを作成していると思います。しかし、使えるロゴを作れるかというと「はい」とは言い切れません。Illustratorが使えるからだけでは使用できるロゴは作れないということです。

 

永いことロゴの制作に携わっていると、ロゴを制作する場合はデザインが出来るだけではダメだということを感じます。

ロゴのデザインをする場合にデザインの知識、印刷の知識、色の知識などの様々な知識はやはり必要です。それを理解した上でロゴを作成しないと見た目がよくても使えないロゴが誕生してしまいます。


ロゴを制作するデザイナーというとグラフィツクデザイナーがまずピンとくると思いますが私の場合は、ロゴ専門にデザインをしているのであえてロゴデザイナーと名乗っています。
クライアントからロゴに関する様々な質問を受けることが多いのですが、デザインや印刷の知識や経験が無いと質問に対する的確な返事ができません。的確な返事を返せないということは、クライアントとの信頼関係を喪失しかねませんし、ロゴ制作の失敗にもつながってしまいます。

 

ロゴはその性質上、様々なツールや媒体に使用されることが予想できます。クライアントの業種によってもロゴを使用するツールや媒体は変わってきますので制作を始める前にクライアントがロゴをどのようなツールや媒体に使用するかということを必ず確認しておく必要があります。ロゴを制作するデザイナーはそれらのツールがどのようにして作られるかということをあらかじめ認識しておく必要があります。そのためには色に関する知識や印刷の知識、そしてデザインに関する知識が無いとロゴ制作に失敗する可能性が出てきてしまいます。Illustratorというツールが使えるだけではダメだということです。

 

ロゴの印刷-シルクスクリーン

クライアントが印刷やデザインのことを理解しているとは限らない

クライアントの中にはデザインや印刷に詳しいという方はあまりいません。全くわからないというクライアントも多いです。広告関連の企業や広報担当の方ならそれなりの知識はあると考えられますが、自分のクライアントにも詳しい人はそれほどいませんでした。ロゴを制作するデザイナーならこのことは頭に入れておく必要があります。

 

現在のロゴ制作の主流はネット経由です。ロゴ制作の専門サイトやコンペサイト、スキルサイトなどを利用して多くのクライアントがロゴを制作しています。ロゴ制作の敷居もかなり低くなり、一般企業からブログのための個人のロゴ制作など個人でも簡単に利用できる環境や金額が設定されています。依頼する側が増えると必然的に制作サイドも増えてきます。実力や実績がなくてもロゴ制作への参加はできます。コンペサイトやスキルサイトなどではプロのデザイナー以外に学生や主婦、サラリーマンの副業として参加されている方などもいるようです。ロゴのデザインを依頼するクライアントサイドは、デザインや印刷の知識がない方も多いため価格の安さなどでデザイナーを決めてしまうことも多いと思います。ロゴの提案は無料でも気に入って買い取る時は、結構高い金額を設定しているサイトもあります。

 

ネット主流の現在は、ロゴは納品してしまうとそこで終わりということが多いです。
クライアントは完成したロゴのデータを次に託します。それは看板業者であったり、ホームページの制作会社であったり、印刷物のデザインを依頼するデザイン事務所や印刷会社であったり・・・。そこで、「このロゴでは制作できません」という事態になることが出てきます。例えば、グラデーションや色数がありすぎるためシルク印刷ができない、想定しているよりかなり高額になってしまった。ロゴのデザインが細かすぎて活版印刷ができない。ロゴがRGBカラーでしか納品されていなかったため、オフセット印刷したら色が変わってしまった。ロゴを単色にできないため、新聞広告が打てない・・など様々な問題が発生します。

 

 これらはロゴを制作する前の段階で、クライアントがどのようなツールに使用するかということをデザイナーに伝えておく必要があります。が、先にも述べたようにデザインや印刷のことを知らないクライアントも多いので伝えることもままなりません。そこでロゴを制作する側のデザイナーがどのようなツールや媒体に使用するかということを聞いておく必要があるのです。グラフィックデザイナーとしての経験が豊富であれば印刷や色、デザインに関する知識は仕事の中で自然と身についていきます。ロゴを制作する場合でもある程度のことは予測して作ることも可能ですが、印刷や色、デザインに関する知識や経験があまりない人に頼んでしまった場合、使用するツールのことを考えてロゴをデザインするというのは難しくなります。

 

印刷に使えないと言われたから、制作したデザイナーにロゴを直してもらうと思っても。

ロゴが使えないとわかった場合、ロゴを制作したデザイナーに直してもらう必要があります。ロゴには著作者人格権というものがあります。この権利は他人に譲渡できない権利です。従って通常は制作したデザイナーにロゴを直してもらいます。

コンペサイトやスキルサイトを利用してロゴを作った場合は少し注意が必要です。
コンペサイトやスキルサイトなど登録するのも退会するのも簡単なため後でロゴを制作したデザイナーに連絡を取りたいと思っても既に退会していたということも起こり得ます。

 

コンペやスキルサイトなどで簡単にロゴを作るという方が増えていますが
そのような場合でも、できればなるべく経験豊富なデザイナーにロゴを制作してもらうのが安心です。プロフィールなどを見れば、そのデザイナーがどのような経験をしているかはわかると思います。