ロゴ制作の現場から

ロゴ制作の裏側などロゴデザインの仕事に関することや身近なことを書いていきます

領収書や請求書の電子化

f:id:kurokawasemi:20181003034739j:plain

領収書や請求書の電子化、使用しても大丈夫なのか?という疑問

 

請求書、どうしていますか?
私の場合、本業のロゴの制作はネットからの申し込みが特に多く
クライアントとのやりとりも基本メールで行っています。
デザインの提案や請求もメールでおこなっているのですが
クライアントから時々、正式な請求書を送って欲しいと言われることがあります。

 

以前は、請求書をプリントアウトして押印した後にクライアントに送付していましたが
最近はPDFの電子請求書を送っています。
電子請求書なら送料もかからないので経費削減になりますし、わざわざポストまで足を運ぶ必要もありません。クライアントにも早く届ける事ができます。

 

電子請求書は法的に大丈夫なのか?

PDFの請求書は印鑑もデータになるし法的に有効なのかということにちょっと疑問が生じたのでいろいろ調べてみました。

先に結論から言ってしまうと「電子請求書で法的に大丈夫」です。

ただし、データ改ざんできないような電子請求書が望ましようですね。
ワードやエクセルなどで作成した場合データ編集ができてしまうため注意は必要です。
私の場合は、イラストレーターで制作しアウトライン化した後にPDFデータを作成していますので改ざんは難しいです。

 

請求書への印鑑の押印は?


請求書にそもそも印鑑は必要ないという事です。(そうだったのか)

押印はなくても良いという事になります。
ただ、やはり印鑑が押してあるほうが信頼度もちがいますので印鑑部分をデータ化し、イラストレーターに貼り付けてPDF化しています。
ちなみに電子請求書はプリントアウトして保管しておくというのがいいようです。

 


請求書が大丈夫なら領収書はどうだろうか?


こちらも調べてみました。

はい、電子領収書も大丈夫です。

大丈夫なのですね。ちょっとビックリです。
だけど、領収書にはさすがに押印必要だろう・・?

領収書にも押印はなくても大丈夫という事です。

印鑑が押されてなくても経理上有効ということですが
ただし相手がどう思うかは別としてです・・・。
私としては請求書と同じようにデータでもいいので印鑑データを
加えておくのがいいと思います。


収入印紙はどうなるの?

まず電子領収書のいい点は、送料がかからないという事。
そして
なんと収入印紙も必要ないという事です。

収入印紙は紙の書類に対してかかる税という事なので電子領収書には当てはまらないという事です。電子領収書なら収入印紙が必要ないので経費は0に抑えられますね。