ロゴ制作の現場から

ロゴ制作の裏側などロゴデザインの仕事に関することや身近なことを書いていきます

CMYK色見本(プロセスカラーチャート)作って見ました-ロゴデザインの現場から

f:id:kurokawasemi:20190219231527j:plain

 

意外になかったのでCMYK(プロセス)カラーチャート作ってみました。

 ロゴのデザインをしているとお客様からロゴの色を指定されることが結構あります。
殆どの場合、指定される色はWebカラー(HTMLカラーコード)です。たぶん、検索などで色見本を探してその中から色を選んでということだと思うのですがWebカラーやRGBカラーで作ったデータをCMYKに変換すると色がくすみます。


実際にどのくらい変わるかというと、発色の良い色ならかなり変わります。説明しても実際に見ていただかないとわからないのでサンプルを作ってみました。

 

RGBカラー・WebカラーをCMYKカラーに変換するとこんなに変わる

 

ロゴの色はCMYKで作るのがオススメです。

ロゴの色をRGBカラーやWebカラーで作る場合
ホームページやオンデマンド印刷でしか使わないというのであれば良いのですがロゴは色々なツールで使用するのでCMYKカラーで作成することをオススメしています。

 

CMYKカラーの色見本探してみました。探してみると意外にないですね。RGBカラーやWebカラー(HTMLカラーコード)で再現されている色見本はあります。CMYKカラーの数値も記載されてはいますが、表示されている色はRGBカラーですので、どのくらい色味が変わるかというのはわかりません。

 

そこで、CMYK色見本を作ってみました。

あくまでモニター上での表示になりますので使用しているモニターの設定で色味は変わってきますが参考程度にはなるのではないかと思っています。

 

CMYKカラーの色見本(プロセスカラーのカラーチャート)-ロゴデザインの現場から